Press "Enter" to skip to content

企業買収の裏側について語ってみます!

企業買収ということが行われるには、様々な要因が影響しています。

一昔前であれば、日本国内の事情だけで済みましたので、シェアトップ企業に対抗するため第二位の企業が第三位の企業を買収するというようなことが行われました。

逆にトップ企業がその地位を守るために第三位企業とか第四位企業を標的として狙い定めて画策するということもありました。

過去の裏側の事情を探ってみますと、表立ってはできない国の事情で行われたという事例も散見できます。

俗にいう事業再編の舞台裏というようなことになります。

そして最近では1990年以降、経済のグローバル化が進展したので、国内の産業だけで物事を進めるわけには行かなくなり、国際競争ということが果敢に断行されるようになってきました。

その結果、産業界ごとに海外のライバルを見据えて、この競争に勝ち抜くために企業買収ということを行うようになっています。

国内のこれまでの競争相手を意識した経営戦略だけでは、国際競争には勝てないということであり、とくに業界での地位が下の方の企業は、企業を維持することすら難しいという状況になっているからです。

もちろん、こうしたことはある程度先行きを見通せることでもあるので、企業が単独で動くというだけではなく、産業界の指導や経済化の指導、あるいは国のリーディングというようなこともないわけではないのです。

ここまではある程度のことを予想できるものですが、それに加えて複雑な事情が絡んでくる場合があります。

それはその企業の運営形態なのに影響されることもあるということです。

経営のトップが宿敵の軍門に下るくらいなら倒産しても良いとか、オーナー経営者が持っているプライドにかけて首を縦に振らないというようなことも影響してきます。

中には派閥関係のもつれから物事が中座するというようなケースもあるのです。

経営は生き物であり、ちょっとした小さな要因が先々の大きな分岐点になることも稀ではないということが裏側から見ると存外多いと言えるのが、経営の不思議なところなのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です