Press "Enter" to skip to content

企業買収の期間と手順まとめ

企業買収とは、既存事業の補強や新規事業参入、及び拡大を目的に別企業を買うことを意味します。

企業買収の数はリーマンショック以来増加傾向にあり、企業買収を報じるニュースは時折テレビを賑わしています。

自社とは違う別の企業を支配する企業買収は、英語でacquisitionと表記され「Mergers and Acquisitions」の中にも記され「M&A」と現す場合もあります。

企業買収は「既存事業の売り上げ拡大」を目的とすることが多く大きなメリットにもなっています。

特に自社の弱体部分を強化することができ、経営の安定化に繋がるのです。

自社に不足している技術力や開発力、ブランド力やノウハウ、販路まで、企業を買収することで市場を支配し売り上げ向上に繋がるメリットの大きい経営戦略となるのです。

新規事業への参入や拡大は、時間を短縮できる利点も持っています。

特定の地域へ店舗や工場を持とうとすると土地や建物の購入や従業員の雇用で莫大な時間と費用が必要ですが、すでに必要な資源の有する企業を買収することで事業を立ち上げる時間と労力を短縮することが可能です。

更に、企業買収をすることで、新規事業の参入や販路拡大の投資コストを抑えることにも繋がりますので、リスクも少なくなるメリットも存在します。

自社で同じ規模の店舗や工場、販売ルートなどを整えると想定外の莫大なコストとリスクが掛かることを回避することもできるのです。

現時点で軌道に乗っている企業を買収することは事業リスクを大幅に軽減し経営安定化を拡大します。

予想以上にメリットが存在する企業買収ですが、企業を買収するにはある程度の期間を必要とします。

優良企業を見定めるには「M&Aアドバイザー」に相談するのが得策と言えます。

経験と実績が豊富なM&Aアドバイザーをしっかり選ぶこと、そして、機密保持や業務内容、報酬に至るまでトラブルが起きないように綿密な契約を結ぶことが重要です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です