Press "Enter" to skip to content

事業承継で上手くいくビジネスモデルとその他の方法

事業承継で上手くいくビジネスモデルとその他の方法

事業承継で上手くいくビジネスモデルは、合併です。売り上げが落ちていたりこれといった良いと思える事業計画が見つからないような時であれば、M&Aが効果的です。ですが規模が大きいほうのやり方に習わなければいけないことが多く、それは年配の人からは反発をかうこともあるものです。

ですからM&Aを行うにしても一度に一気に今までのやり方を変えないようにもしましょう。せっかく良いと思えるM&Aを行っても、従業員が従ってくれなければ意味がないものです。ですから人の反応、そこで働いていく従業員のことも考えていくようにしましょう。

また、M&Aというと大手の知名度のある大企業ばかりが行っているイメージがありますが、中小企業でも可能ですし、実際中小企業で行なったところというのも多いものです。大企業に比べて中小企業は知名度も低いですし、話題にならないことも多いので知らない人が多いというのがその違いでもあるでしょう。

ですが中小企業の場合、大手と比較して資金なども少ないのでM&Aをしてもうまくいかないと共倒れしてしまう恐れがあります。ですから中小企業同士の合併であれば、共倒れしないように無計画なことは避けたり、事業が軌道に乗るまでは無理をしないようにすることというのも大事です。

昔は銀行も事業計画などでかしお金を貸してくれることもありましたが、今は倒産する企業が多いことと安易に貸してしまって回収不能になるのを心配して、なかなか貸してくれないのが現実です。資金がなければ会社も前に進めませんから、そういった資金の安定を求めるにもM&Aは魅力的です。

ですが二つのものを一つにするのは簡単なことではないですから、何回も話し合いの末にうまくまとまらず話し合いが決裂して終わるようなことというのもあります。そうならないように、お互いの会社が妥協しあうことができれば良いでしょう。企業としての成長していく成功率も高まるでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です