Press "Enter" to skip to content

企業買収と円安・円高の売り時・買い時って?

企業買収をするときには、円安の時と円高の時のどちらが有利になるかを考えていく前にそもそもどのような時が円安でどのような時が円高なのかを知っておく必要があります。

円高とは、円の価値が上がることですが基本的にこれは相対的なものになりますので、たとえばアメリカのドルと比較したときに円の価値が上がっていると言う意味になります。

アメリカの1ドルに対して円の価値が上がっている場合には110円よりも90円の方が円高と言えるでしょう。

つまり、1ドルと交換するときの円の支払いが少なくて済むわけです。

円が高くなることは円の価値が上がっていることですので、円の効力が強いわけです。

つまり少ない円で1ドルと交換できることになります。

これに対して、円安は円高の逆を考えればいいことになります。

円の価値が安くなっている、つまり1ドルと交換する場合もたくさんの円を集めてこないといけないわけですので1ドル90円の時と110円の時では後者の方が円安の状態になるわけです。

これを前提として考えていくと、日本国内の企業の場合に買収をする場合に円安の時に買収した方がお得になります。

なぜなら、国全体の物価が上がっている状態だからです。

これに対して、海外の企業を買収する場合には円高の方が有利になると考えられます。

つまり、少ない円で購入することができるからです。

具体的にいえば、その企業の金額が100万ドルだった場合には1ドル100円の時には1億円のお金を出せばいいことになります。

これに対して、円安の場合で1ドル120円になっているとすれば1億2千万円のお金を出さなければならないわけです。

どちらが得といえば、あまりお金を支払わなくて済む円高の状態の方が得なことがわかるでしょう。

ただ、どの状態で円高と判断するのかあるいは円安と判断するのが難しいです。

例えば1ドル120円安だと考えて購入すると、1年後には1ドル130円になっている可能性もあるわけです。

 

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です