Press "Enter" to skip to content

企業買収のプロセスと、注意点!

企業買収のプロセスですが、先ずは買う企業の詳細を調べる事です。組織の拡大を図るために有効な対策ですが、投じた金額のわりに組織としての価値が低いと費用対効果が悪くなります。

買収を行う組織の評判を調べておく事が大事です。せっかく成功しても世間一般での評判が悪ければ、同じく費用対効果が悪くなり、結局買った時よりも安い値段で手放すことになりかねません。

見た目には経営状況が良くても、実際は潜在的な負債を抱えていたり、多数の訴訟の事案を抱えている等、一見すると優良企業に見える組織でも、いざ企業買収をして内情を確認すると、とても買取した額とは釣り合わない状況だった、という事例は多々あります。

今日のビジネスシーンで事前のリサーチは大事です。調査に時間とお金をかけて、優良企業だと裏が取れた組織に限り、企業買収の対象にしたいところです。 次にどういった強みがあるかリサーチする事も大事となります。自社の得意分野と企業買収をする予定の会社の得意分野が重なっていると、いわゆるビジネスの幅は広がり難いです。

自社の中で弱い部分を強化しようと企業買収をする際は、その不足を補ってくれる、ある意味で競合他社ではなく全く別の畑の会社に注目しなければなりません。

アグレッシブな企業買収を行う際は正反対の戦略です。競合するライバル社を買い取る事で競合他社の脅威を取り除き、その企業が持っていた特許や技術を丸ごと得られます。この際の注意点としては資金が膨大に必要になる事です。更に国内ではまだまだアグレッシブな企業買収のイメージが良くありませんので、奇襲的な株式買収をすると世間から反感を買いやすいです。

風評被害を避けるためにも、事前に企業買収をする会社とコミュニケーションを交わし、友好的なムードで合併に近い買収で手を打つ、あるいは経営権だけは以前の経営者に委託し、社名や雇用などは全て今まで通りに維持する等、攻撃的な買取ではないと世間にPRする事が大切となります。”

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です