Press "Enter" to skip to content

事業承継 苦労

事業承継 苦労した事例と考察(控え)

昨今、会社や事業の承継に関して苦労している経営者あるいは事業所の問題をよく耳にします。街中の小売店等で後継者がいないため止むなく閉店することもあり、中小の町工場などで特にその事業所にしかない独自の技能技術を有する工場でありながら事業承継ができないことは残念なことです。長年実践を重ねて培ってきた技能技術を持ちながら、後継者がいないため工場を閉鎖するのは経営者の苦労や無念というだけでなく社会にとっての損失でもあります。

 

このような状況を打開する一つの方法としてM&Aがあります。M&Aは合併と買収のことで、企業経営の健全化やより大きな事業を行う時に資本強化を目的として行われることが多く、具体的には企業買収や株式を持ち合うことで資本参加し経営に発言権を持つこと、あるいは共同開発や技術提携など研究開発の分野で協力しあってお互いの企業の強化を図ります。

 

また、技術提携をして、例えば自動車関連企業で一部の部品を別の会社から流用したり、販路を共有することで販売し易くすることにより利益の向上を図ることもできます。これらのM&Aがうまく成立し機能することで事業承継の苦労をなくすことが可能で、これは大企業ばかりではなく中小企業でも可能なことです。むしろ中小企業だからこそ意思決定が迅速に行える等のメリットもあります。

 

そうはいってもどこの会社がどのような状態にあるのかは外部のものには一概にはわかりません。このためにはある程度、その方法をよく知る専門機関あるいは公的な機関の支援が必要です。例えば取引先の銀行に相談してみるのも方法です。

 

銀行は融資等を通じてその会社の経営状況や事業内容等を把握していますし、中小企業であればその事業の継承問題なども容易に理解できますから、そのような情報を整理してM&Aが適正に行われるように支援してもらえます。また、各都道府県に設置されている中小企業連合会や商工会などでも同様な機能を持ち実際に運用して事業承継に成功している例もあります

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です