Press "Enter" to skip to content

最近の有名企業の企業買収についてのまとめ

最近日本の会社は比較的景気が良いところが多いです。しかしながら2年ほど前多くの会社特に家電メーカの多くは不景気でした。そんな中、日本の超有名企業であるシャープが台湾に本社を置く鴻海という会社に買収されたことは、覚えている人も多くいるだろう。日本の企業は高い技術力を持っているためそれを求めて買収しようとする海外の企業は少なくないです。

 

ャープを買収した立役者は、郭台銘という人物である。彼は鴻海精密工業の会長を務め、総資産額はなんと 8400億円であります。このように日本の企業の多くは海外の企業からの企業買収の危機に瀕しているのであります。

 

それと並行して買収ではなく、日本の企業が2つ合わさり経営統合という形をとるものが最近ふえています。 例えば、昭和シェルと出光の経営統合です。ガソリンの業界は中東の紛争や円安による原油価格の値上がりにより、経営が振るわなかったです。

 

そこで経営統合をすることで企業の規模を大きくすることでお互いの企業の名前を残しつつより多くの利益をだすためにどりょくしているのです。 同じように経営統合した会社がほかにもある。損保ジャパン日本興和ひまわり生命という会社です。 この会社は、損保ジャパンと日本興和とひまわり生命という3つの会社がくっつき一つの大きな生命保険会社になったというものです。

 

経営統合をすることは、企業そのものを大きくして企業買収に対抗するだけでなく、同じ業界での競合を避け、価格競争を抑えることでより利益を上げることができるという利点もあるのです。 今まで見てきたように、日本の会社は買収される危険があります。

 

しかし買収がなければ大きな会社はできないため、買収をすることが悪いとはいえないのです。大手スーパーチェーンのセイユーのように一度買収されたのに、また一つの会社に戻るという場合もあるので、買収されてしまった企業もあきらめずに日々精進することで現状の打開策が見えてくるかもしれません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です